1. HOME
  2. 協会概要

コリアボランティア協会の概要 ●「スマホ画面」は「書・書籍-」をクリック

活動の主旨

  • 一、 「民族・国境・ハンディをこえて」 高齢者・障碍(がい)者の無償介護に努めるとともに、ボランティア活動に専念する
  • 一、「ちがいを知り、認めあう社会」 作りめざして、ボランティアの啓蒙・発信につとめる
  • 一、  やさしさ、人の愛、個性を尊重し、「すべてが混ざって、共に生きる」土壌を育てる
  • 一、 無償性・自発性・福祉性のボランティア三原則を柱に、だれもが参加できるボランティア活動を普及推進する
  • 一、 ネットワーク作りに努め、相互の連携とともに、国際交流にも積極的に取り組む
  • 一、 ボランティア活動の啓発・普及・育成を通じ、社会福祉(とりわけ障碍者福祉)のすそ野を広める

     以上、さまざまな人が直面している困難な状況・出来事に目を向け、つねに、最も弱い立場におかれ ている 人達に
    身をよせ、志(こころざし)ある皆さまとともに、ボランティア活動を実践していきます。


活動の概要

Photo: 活動風景

 高齢者・障碍(がい)者の日常介護のためのボランティア派遣。
 在宅介護をはじめ、知的障害児・者を持つ家族とのコミュニケーション活動、ボランティア講習 会、イベント(バザー出店) 参加。
 阪神大震災の復興支援(炊出し、配食、自立支援、復興住宅訪問、その他要請に応じて)。東日本大震災の復興支援(慰問、文通、手作りカイロの販売を通じ た仕事作り支援)、および、熊本地震の 復興 支援(物資支援・文通の橋渡し)にも取り組む。
   社会的弱者の救援活動。 ボランティアのネットワーク作りを図るとともに、国際交流プログラムとして、毎年海外にボランティアを派遣 、現場研修の交換受け入れも実施。


組織の概要

Photo: 活動風景
  •  1992年7月、在日コリアンの企業家より、「地域や社会に役立つ場に…」と提供されたフロアに 、前身の「コリ ア文化ホー ル」を創設。書道家の康秀峰(カン・スボン)代表を中心にボランティア活動を開始する。
  •    1994年1月、「コリアボランティア協会」として再発足。    日・韓・朝のスタッフで、ボ ランティア 精神のもと、海外を含むボランティア派遣をはじめ、「民族・国境・ハンディをこえて」をモットーに、高齢者・障碍(がい)者の日常介護を中心に、本格的に ボランティア活動に取り組む。
  •    1995年1月、「阪神・淡路大震災」発生直後より、被災地において、支援・救援のためのボランティア活動を開始。
  •    2011年3月、「東日本大震災」発生以後、数度ボランティアを派遣。現在、各地の支援団体と連携して、仕事作りのための後方支援や文通活動を継続中。
  •    2016年4月、「熊本地震」発生以後、ボランティア会員の安否確認、物資支援・文通の橋渡しなどに取り組む。
  •    現在、専従スタッフ3名、ボランティア3百名、登録ボランティア8千名。(日本人8割、コリアン1割強、他十数カ国)
    無償のボランティア活動は、皆さまからのカンパ、およびスタッフの私財によって支えられています。

名誉会長・プロフィール

Photo: 康 秀峰

康 秀峰(カン・スボン)

 1948年3月生。在日コリアン2世、書道家。
 物心ついた頃から足の不自由な弟を介護。工場勤務、化粧品会社営業のかたわら、孤児や少年院出身の若者を世話し生活をともにする。26歳で独 立、 化粧品会 社 社長に就く。社長業のかたわら、足の不自由な弟の独立のため書道を学び、1974年から書道教室を開講。
 1994年1月、ボランティアに専念す るため「コリアボランティア協会」を設立。
 2003年4月 社会福祉法人 大阪市生野区社会福祉協議会・理事に就任。(~2013年4月)

*NHK「列島福祉リポート」題字、ABC「坂東英二の水曜は白ごはん」掛け軸コーナー担当。
 人権情報ネットワークにも掲載。



賛同人・賛同団体

個人

黒柳徹子、新屋英子、ジュリー・パク(歌手)、 黒田清(黒田ジャーナル)、飯沼二郎(京都大 学)、森田善之(日本基督団・牧師)、高贊侑(月刊「未来」)、金徳煥(生野民族文化祭)、鄭甲寿(ワンコリア・フェスティバル)、 宋富子(身世打鈴)、呉清達(国際高麗学会・大阪経済法科大学)、松井義子(韓国の原爆被害者を救援する市民の会)、トーマス・C・カンサ (南アフリカ・平和運動家)、金秀吉(映画監督)、高茂成(ニューコリアアカデミー)、 康米那(インド舞踊)、金満里(劇団「態変」)、我妻武(メビウスの会)、鄭珉(韓国伝統 芸術学院)、韓在淑(音楽家)、東海林 勤(高麗博物館を作る会)、神坂玲子(「箕面忠魂碑訴訟」原告)、朴美津子(朝鮮人従軍慰安婦問題を考える会)、木村愛二(フリージャーナ リ スト)、吉田弘(聖ヨゼフホーム)、内田信子(尼崎市議)、西中誠一郎(記録映画)、 李栄司(「社会新報」)、大川内達(堺市立工業高等学校)、呉光現(聖公会生野センター)、鄭炳熏(コパン博 物館をつくる会)、宗秋月(詩人)、李芳世(詩人)、武内司郎(画家)、韓丘庸(大阪外国語大学・児童文学)、小笠原美都 子(日朝音楽芸術交流会)、神戸敏子(朝鮮 の自主的平和統一を支持する女性の会)、牧田清(フォトジャーナリスト)、遠藤寛(手話通訳)、藤林晋一郎(ル ポ・ラ イター)、鄭商根(戦後補償裁判原告)、ジョン・H・マッキントシュ(外国人登録法と斗う牧師)、ベ ス・マッキントシュ(人権活動家)、北尻得五(日弁連)、金春玉(韓国統一女性協議會)、李正子(韓国統一女性協議會)、和田作郎(作曲 家)、北之口太(フリー ジャーナリスト)、井田泉(日本聖公会牧師)、李清一(韓国基督教会館)、中村好男(大阪市会議員)、崔正鉉(韓国・ 漫画家)、朴在東(韓国・漫画家、ハンギョレ新聞連載)、庄幸司郎(「影書房」「青林舎」「しぐろ」代表)、姜素美(身世 打鈴作家)、 朴汶順(墨絵画家「帆船」)、慎英弘(大阪市立大学)、姜輝鮮(朝鮮舞踊研究所)、知花京子(沖縄問題研究所)

民族団体

民族教育促進協議会、コリアタウン実現をめざす川崎焼肉料飲食業者会、 韓国・朝鮮人「障害者」人権える会、韓国伝統舞踊 「柳」会、(財)建国学園小学校幼稚部/建国小学校、ニューコリアアカデミー、大阪女学院アリランの会 /ムグンファの会、北津守小学校民族学校、在日民 族音楽研究会、ソウル書林、FMサラン、金診療所、在日問題を考える会、高麗書道連盟、大 韓基督教「西成教会」、巽東小学校同胞保護者会、東小路小学校保 護者会、インターナショナルクラスメイト、メモリアル学院、韓国民主統一連合大阪本部、韓国民主女性会大阪本部、韓国青年 同盟生野北支部、大 阪府同胞生活相談所、生野地域同胞権利擁護委員会、共和病院、生野西健生会、生野南長生会、生野高麗ゲートボール、ワンコリアフェスティバ ル、韓国青 年連合、韓国民主人権協議会、朝鮮留学同盟大阪地方本部、民族教育文化センター、朝鮮青年同盟・生野西支部、朝鮮民主女性 同盟・生 野西 支部、奈良・在日外国人保護者の会、大韓キリスト教・大阪教会、在日同胞視覚障害者協会

福祉平和団体

全国障害者共同作業連絡会、黒田ジャーナル、日本基督教団・大阪聖和教会、南アフリカ障 害児を支える会、中まつり協会、たびだ ちのなかまの会、 大阪障害者労働センター「マッサク」、アジアハウス、韓国の原爆被害者救援す る・市民会、草実・共働サービス、知 的障害者「生活の家」、メビウスの 会 (障害者情報誌)、聖フランシスコ会 生野こどもの家、パンの「こ さり」、生野共同作業所、エーゼットの会、セルフ社、ぷく ぷくの会、ポッポのパン作業 所、「輪」作業所、ワークセンター、旅路センター、日 本福祉ルーテル協会・希望の家、聖フランシスコ会・ふるさとの家、 舎利の会、ワープロハウス、 じゃが学童保育所、山ざる学童保育所、大阪障害者労働セ ンター「ともに」、わっぱの会・名古屋、自立センター立川、わ だち作業所、たびだち共同作業所、どんぐり共同作業所、た びだち地域センター「ゆうゆう」、グループホーム・「和楽苦 荘」、グ ループホーム「きらら」、イエスズ会・社会司牧センター「旅路の里」、日 本福音ルーテル教会「喜望の家」、リサイクルショップかっぱ作 業所」、北津守学童保育所 「芽」、高麗博物館を作る会、エリザベス・ストローム記念・山王子供センター、「子供の 里」、「いこいの家」、 高麗博物館を作る会「東京」、難民と地球の緑を考える会、平和の為に手をつなぐ会、横浜討論塾、ぶんとパッ ク、富士見 乙女の会、暮らしの研究所、共同保 育をつくろう会、普通学級を学ぶ会、プロトニウムサイクルの凍結を求める稲城市民の会、歴 史をつくるたち、新聞を読む会、こまくさ幼 稚園、菜の花診療 所、たんぽぽの家、劇団・はぐるま座、国際権利センター、箕 面・障害者共働作業所「そよかぜの家」、障害者働くパン・ハウス「ワーク ランド」、箕面 市・ 「障害者 の生活と労働」推進協議会、トゥーヌマーヌ(沖縄の音楽グループ)、フラン シスコ会・川崎兄弟の家、北十一条カトリック教会青年会、在日外国人の人権を守 る 会北海道、生野地域活動協議会、「飛行船」作業所、手の花の家、赤とんぼ作業所、社会福祉法人・聖フランシ スコ会、平和の為の大阪女性の会、アジア太平洋 地 域戦争犠牲者いをはせ 心に刻む会、折り鶴保育園、タゴールダンス・インド舞踊、世界平和を祈る会、めいるていんGぽっT(じん しゅのるつぼ)、ヒラン ガニ・ゴダンド(愛をたずさえて)、高 麗博物館会・新潟、沖縄問題研究所、ビデオプレス、聖 公会生野センター、聖ガブリエル教会、こひつ じ保育園、関西・パレスチナ人民連帯する会、 平和えるオリーブの会、コエガ(響けサ バンナ・打楽器アンサンブル)、夜間中学を育てる会 (青丘文化ホール)、豊能・障害者労働センター、イカイノバンド、工房児地蔵(札幌知的障 害者作業所)、共同作業所・障害者ワープロフロア、反核反原発・ 全道 住民会議、暮らしと生活を耕す会、OIDE開発教育情報屋

ページの先頭へ戻る